2019年2月1日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと / 温泉

今日から如月

 

雪化粧の如月スタートです。

 

ギャラリー展示、館内も、節分 立春へ。

西郷孤月「鍾馗図」

端午の節句に飾る鍾馗図ですが、

その手に鬼の首を持っているので節分に。

 

西郷孤月「春景山水」

もうすぐ立春。春が待ち遠しいですね。

 

青空が眩しいくらいの快晴!

お日様が雪をどんどん溶かしています。

そういえば数日前から顔が痒い!

もしかしてスギ花粉飛んでる??(泣)

2019年1月28日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと / 温泉

ユニバーサルマナー

先日、今年の初旅で京都へ。

ユニバーサルマナーの勉強会に参加させていただきました。

当館は古い建物で、階段や段差もたくさんあり、

お客様にはご不自由をおかけすることが多々ございます。

無関心ではなく、過剰でもない、

さりげない配慮とお声がけをしていこう。

ハードは変えられなくても

ハートはすぐに変えられる(^^)

そんな宿でありたいと心から思いました。

 

そして、前日は憧れの炭屋旅館さんに宿泊。

こちらでも、全ては人の心で作られるんだなって感じながら過ごしました。

いつも100点満点を目指していたけれど

少し肩の力を抜きつつ、全力でいこう。

と思った京都の旅でした。

2019年1月26日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと

看板犬コウ6歳になりました

富士乃湯の看板犬コウ、6歳になりました。

いつも元気いっぱい!

益々お仕事頑張るよ💪

今日は大雪の予報でしたが

薄っすらと積もる程度でした。

雪番長のコウはちょっぴり残念な朝に。。

6歳の決意表明は

「落ち着いて大人の行動をしますからね(^^)」

だそうです(笑)

これからもよろしくお願いします♪

 

 

2019年1月16日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと / 温泉

台湾で紹介していただきました


海外からのお客さまもとても増えています。

当館のような昔ながらの日本旅館に興味を持っていただいています。

ありがたいことです<m(__)m>

台湾で紹介していただきました(*^^*)

台湾には、お友達が沢山いるんです。

社長がJC時代から20数年交流をさせていただいている皆さま♡

あー、買ったままになってる中国語テキスト。。

今年は勉強しよう!

【松本旅遊】到日本松本一探究竟!松本旅遊概覽、千年歷史淺間溫泉、富士乃湯日式溫泉旅館介紹

 

2019年1月12日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと

美ヶ原高原「雲海と樹氷」ツアー

 

今年の冬、いよいよ美ヶ原高原の「雲海と樹氷」ツアーが始まります。

冬季間は一般車両は通行止めとなる美ヶ原高原ですが

その美しさは感動的!

こちらのツアーは、標高2,000メートル、雲海と樹氷の冬の美ヶ原高原を

存分にお楽しみいただけます。

ぜひ、浅間温泉から美ヶ原高原へお出かけ下さい!

詳しくはこちらです

↓↓↓

http://travel-plaza.jp/archives/8011

2019年1月6日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと / 温泉

全員集合できました

息子は新潟へ帰り、入れ替わりで娘が帰省。

家族全員集合はわずか2時間でしたが

皆でお雑煮食べて何とかお正月できました🎍

毎日賑やかで忙しかったけれど、

あっという間にお正月も終わりですね。

お客さまから沢山の命の水のお年玉頂戴しました( *´艸`)

そして来週以降の人参🥕を着々とぶら下げ中、笑。

2019年1月2日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦は氷点下8度の朝でしたが、清々しい快晴。

大勢のお客さまにお越しいただき、ありがたく迎えた新年です。

そして本日2日は、この冬初の雪景色となりました。

今年も精いっぱい務めてまいりますので

変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。

皆さまにおかれましても健やかな1年となりますようお祈り申し上げます。

2018年12月31日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと / 温泉

大晦日

氷点下8℃の朝。

キーンと空気が澄んで身も心も引き締まります。

新潟から帰省した息子は

「久しぶりに太陽見た!」と感動してます。

スタッフのチームワークもいい感じ。

館内のお飾りも👍👍

平成最後の大晦日。

張り切っていこう!

2018年12月26日
カテゴリー: 日記 / 富士乃湯のこと

門松 冬囲いが整いました

門松、冬囲いが整いました。

いつも注文通りに仕上げてくれる庭師さん。

職人技に見入ってしまいます

寒い中、素手で編んだ細工は全て違う飾り、

門松はどっしりと重厚に。

人手不足や職人さんが減っていく中で

若い方を育てていくことは大変なご苦労があるんだろうなと、、

我が業界もしかりです。

さぁ、館内のクリスマス撤収💦